虫歯を治す歯医者さんとの違い

矯正治療の費用ですが、歯医者さんによっても異なります。 では金額は、いくらくらいかかるのでしょうか? 地域や年齢によっても差が出るようです。 そして矯正治療は、始めるタイミングも重要です。 子どものころから始めた方がいいのか、大人になってからでも遅くはないのか、解説していきたいと思います。

矯正をスタートしたら、気を付けること

矯正治療をしたことがない人にとって、矯正治療中の歯磨きは難しく感じるかもしれません。 普段通りの歯磨きでは、矯正装置は磨けても重要な歯は磨けないことが多いです。 歯磨きをしっかりしておかないと、矯正治療後に虫歯になっていたなんてことも。 虫歯だけは、避けたいものです。

結局、どんな歯医者さんに通えばいいのか

矯正治療というと高額な治療費や歯の痛みなど、虫歯治療の歯医者さんより一層、慎重に選んでしまうかもしれませんよね。 高いお金や痛い思いをして失敗なんて、したくありません。 結局はどんな歯医者さんを選べばいいのか、ポイントをまとめていきたいと思います。

おすすめリンク

四条の格安歯医者

京都市四条の数ある歯医者の中でも、特に安いと定評のある歯医者をまとめて紹介していきます

いくらかかって、いつから始めればいいのか

今はコンビニよりも多いと言われている歯医者さんですが、最近では虫歯治療も矯正治療も両方行っている歯医者さんも多いですよね。
私はもう、随分昔の話になりますが、歯の矯正をしていたことがあります。
ここでは私の体験談も交えながら、矯正歯科の選び方についてお伝えしようと思います。

まず、虫歯治療を主とする歯医者さんと矯正専門の歯医者さんの違いについてですが、矯正専門の歯医者さんの方が、矯正治療に対する治療経験と実績、治療方法が圧倒的に多いです。
私は子供のころから歯並びが悪く、最初に虫歯治療も矯正治療も両方行っている歯医者さんに診てもらいました。
すると「歯並びがひどすぎて、専門家で診てもらってください」とショッキングな一言を告げられたのです。
もちろん、その後矯正専門の歯医者さんで治療することになったのですが、それだけ治療の幅が違うんだなぁと子ども心に感じた次第です。
私か矯正治療をしていたのは、もう10年以上前の話になりますが、今でも矯正専門の歯医者さんの方が幅広く治療の選択ができるようです。
そして何より、矯正専門の歯医者さんの方が1日に矯正するために診ている患者の数が違います。
これは矯正治療の実績にも大きく影響し、患者さんにも安心を与えることでしょう。
矯正専門の歯科医が在籍しているというのは、心強いものです。
矯正の治療には様々な装置を使用して進めることが多いのですが、装置が壊れてしまっても素早く対応してくれるなどのメリットもあります。